平成11年改正の経緯

平成11年10月22日、訪問販売法(正式名称「訪問販売等に関する法律」)が改正されました。

このときの改正は、それまでの「訪問販売」、「通信販売」、「電話勧誘販売」、「連鎖販売取引」に加え、エステティックサロン、語学教室、家庭教師(ファックス指導等も含む)、学習塾等の「特定継続的役務提供」を法律の対象として追加し、取引の適正化を図るためのものでした。なお、これらの取引については店頭での契約も含まれます。

詳細については、以下の当時の資料をご参照ください。